無料小冊子「知らないと損する商標の知識」

<意味のない商標手続でお金を捨てないために>

この小冊子は、私どもの代表、弁理士の猪狩充が、商標をお持ちの方、又は、商標出願を検討されている方に向けて、意味のない商標手続でお金を捨てないで欲しい、という願いを込めて作成したものです。

できるだけ、専門用語や難しい言葉を使わずに、どなたにでも、すぐにお読みいただけるように書きました。

とてもありがたいことに、これまでお読み下さった方からは、
「どんな商標を出願すべきかわかった!」
「自社のビジネスにとって、意味のない商標を更新しないで済み、商標の費用を大幅に削減できた!」
「弁理士に依頼する際、どこに気を付けるべきか理解できた!」

などといった、ありがたいお声を、たくさん頂いております。

小冊子は、15分もあれば、すぐに読める内容です。
どうぞ、今すぐ、この無料小冊子をご請求下さい。

すぐに無料小冊子を送って欲しい方はコチラへ

チョット読んでみたいという方は、この下をご覧下さい。
(以下、小冊子の内容です。)

はじめに

「商標の手続って、何でこんなにお金が掛かるの?」

そう思ったことはありませんか。

私も、特許事務所に勤務して、初めて商標の手続をした時は、その値段の高さに驚いた覚えがあります。

特許庁に納める印紙代だけでも、登録までに約9万円、10年ごとの更新手続にいたっては、約15万円も掛かるのですから。

「高すぎる!」と、普通の人なら感じるはずです。

特許庁なんか、書類を受け取って登録するだけなのだから、そんなに高いお金を取らなくてもいいのに、と思ってしまいます。

ちなみに、日本は、商標に関する公的費用、つまり印紙代が、世界で一番高い国だそうです。納得できます。

皆さんは、その世界一高い印紙代に加えて、弁理士報酬も支払うのですから、大変だと思います。

私が言うのも変ですが、弁理士報酬も、決して安くはないですから・・。

では、もし、それだけ高いお金を払って登録した商標が、貴社のビジネスにとって意味のないものだったら、あなたは、どう思いますか?

「意味のないって、まったく無駄ってこと?そりゃ困るよ。でも、ウチはそんな問題無いはずだよ。だって、商標の手続は、すべて弁理士の先生にお願いしているから。」

果たしてそうでしょうか?
弁理士に依頼して登録を受けた商標は、すべて意味のあるものなのでしょうか?

いいえ。それは違います。

残念ながら、弁理士に依頼して登録を受けたからといって、その商標が貴社にとって意味のあるものとは言い切れません。
なぜなら、少し調べれば、弁理士が代理人となって登録された商標の中にも、意味のない商標を、相当の数、見つけることができるからです。

「そんな・・。高いお金を払って登録したのに・・。ウソでしょ。」

ウソではありません。

弁理士は、商標手続のプロですから、クライアントから依頼を受ければ、商標を出願して登録し、それを更新させることは、問題無くできます。
これらは、書類に不備がなければ、まず認められる手続だからです。

でも、弁理士が問題なく行えるのは、これらの手続だけです。

多くの弁理士は、商標手続の際に、その商標が、貴社のビジネスにとって意味のあるものかどうかまで判断してはくれません。
なぜなら、多くの弁理士は、手続を問題なく行うことが、弁理士の業務と考えているからです。その商標登録が、クライアントのビジネスとの関係で、意味のあるものかどうかまで判断することを、弁理士の業務とは考えていません。

実際、そこまでの判断をした上で、出願や更新の必要性について、クライアントにアドバイスできる弁理士は、それほど多く存在しません。

ですから、貴社のビジネスにとって、意味のある商標登録をするためには、出願や更新の手続を、決して弁理士まかせにしてはいけないのです。

言い換えると、意味のない商標手続でお金を捨てないためには、あなた自身が、出願や更新をしようとしている商標について、それが貴社のビジネスにとって意味があるものかどうかを、判断しなくてはならないのです。

「そんなことできないよ。何もわからないのにさ・・。それに弁理士の先生だって知らないようなことなんでしょ・・。」

ご安心下さい。その判断を、あなた自身でできるように、私はこの小冊子を書いたのですから。

この小冊子では、貴社のビジネスにとって意味のある商標とはどんなものなのか、また、意味のある商標を登録するためにはどうしたらいいのか、ということを、簡潔に、そして、分かり易くまとめました。

ですから、この小冊子を読めば、貴社にとって、どんな商標が意味のあるものであるかを、理解することができます。

これが理解できれば、あなたは、意味のない出願や更新手続に、お金を捨てることはありません。損をしないための商標の知識を身につけることができます。

是非、この小冊子を読んで、損をしないための商標の知識を身に付け、意味のある商標登録だけにお金を使うようにして下さい。

この続きは、小冊子で詳しく説明しております。

第一章 意味のある商標登録とは?

第二章 商標登録についての間違った常識

  1. すべて弁理士に任せていれば大丈夫!
  2. 商標登録なんて簡単だ!
  3. 他人の商標権を侵害しなければ、自分の商標を登録する必要はない!

第三章 正しい商標の登録や更新をするための三つの具体的方法

無料小冊子のご請求は、今すぐこちらからどうぞ

無料相談受付中

お問い合わせ 0120-363-581(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ