商標とは

商標とは、ロゴマークや文字等からなるものであって、自社の取り扱う商品やサービス(役務)について使用するものです。そして、この商標の存在によって、現在のような複雑な流通事情の下でも、自社の取り扱う商品やサービスと、他社の取り扱う商品やサービスとを区別することができます。
なお、現在では、平面的なロゴマーク等だけでなく、立体的なものについても、商標として取り扱っています(例えば、不二家の「ペコちゃん人形」や、ケンタッキーフライドチキンの「カーネルサンダース人形」など)。

商標出願の審査

商標について登録を受けるためには、特許庁に商標出願をし、特許庁での審査をクリアする必要があります。
なお、次のような商標は、原則、登録を受けらません。

  • 商品「チョコレート」について → 「チョコ」(普通名称)
  • サービス「飲食物の提供」について → 「フランス料理」(サービスの質)
  • 他人の登録商標と同一又は類似の商標

商標登録の効果

特許庁での審査を無事クリアすれば、商標登録がされ、商標権が付与されます。商標権が付与されると、その商標について、指定した商品又はサービス(役務)について、自分だけが使用できます。また、登録された商標を使用している限り、他人の商標権を侵害するおそれもありません。
もし、自分の商標を真似する会社等が出てきたら、商標の使用の差し止めや、損害賠償の請求等ができます。なお、商標権の存続期間は登録から10年間です。

商標権の更新

商標権は、お金を支払って所定の手続をすれば、10年の存続期間を何回でも更新できます。

無料相談受付中

お問い合わせ 0120-363-581(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ