小売役務商標

<小売役務商標制度とは>

小売役務商標制度とは、小売業者や卸売業者の方が使用するマークを、サービスマーク(役務商標)として保護する制度のことです。
なお、この小売役務等商標制度は、平成19年4月1日よりスタートしました。

<小売役務商標制度のメリット>

小売役務商標の最大のメリットは、何と言っても、費用が格段に安く済むという点です。
従来、小売業者や卸売業者の方が、商標による保護を受けるためには、多くの分野において商標登録を受けなくてはならず、費用が非常に高額なものとなっていました。
しかし、今回の小売役務商標制度の導入により、どのような商品を取り扱う小売業者や卸売業者であっても、「小売サービス」という一つの分野で商標登録を受けることができ、少ない費用で商標登録を受けることができるようになりました。

<小売役務商標制度の手続>

小売役務商標であっても、出願時の手続は、通常の商標出願と変わりません。従って、委任状も不要です。
なお、小売役務商標制度の導入時の混乱を軽減するため、平成19年4月1日~6月30日までの出願は、同日に出願されたものとして取り扱うことになっております。

<小売役務商標制度の費用>

小売役務商標であっても、通常の商標出願と変わりません。
詳しくは、こちらの商標出願をご覧下さい。

無料相談受付中

お問い合わせ 0120-363-581(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ