商標調査を無料としない理由

最近、インターネットなどで、商標調査を格安料金で行う特許事務所を見掛けるようになりました。

中には、商標調査を無料で行う特許事務所すらあると聞きます。

一見すると、お客様にとって非常に有利なように思われますが、当特許事務所では、商標調査を、格安料金や無料で行うことは、まったく考えておりません。

なぜなら、格安料金や無料にて、信頼性の高い商標調査を行うことは、不可能であると確信しているからです。

特に、企業のお客様が求めるような、精度の高い商標調査を行うことは、まず無理です。

確かに、現在は、特許庁の電子図書館(IPDL)にて、すでに登録となっている商標(登録商標)を無料で検索できますので、お客様が出願しようとする商標と、同一又は類似する商標を発見する程度の商標調査であれば、無料で行うことも不可能ではありません。

しかし、商標調査の本質は、こういった登録商標を発見することではありません。

商標調査の本質は、あくまでも、こういった登録商標との関係から、お客様が出願しようとする商標が、特許庁での審査をパスして、登録を受けられるか否かを判断することに他なりません。

このような判断を行うためには、商標実務に精通した弁理士が、一件一件、特許庁における過去の登録例や、審決例、裁判例等を詳細に検討することが不可欠です。

そして、この判断の基礎となる過去の審決例や、裁判例等は、IPDLの無料データベースだけでは検索することができません。

高精度の商標調査には、商標の専門家が使用する、有料のデータベースの利用等が、絶対に必要になります。

当特許事務所では、トムソンブランディ社やパテントジャパン社の「BRANDY」「ALPHA-BRANDY」「類否叢集」「顕著性事典」等の有料データベースを利用することで、過去の審決例や裁判例等の情報を収集し、その情報を基礎にして、弁理士が商標の専門家としての判断を直接下し、高精度の商標調査を行えるようにしております。

これが、当特許事務所が、商標調査を無料としない理由の一つです。

ちなみに、格安料金や無料にて商標調査を行う特許事務所は、商標調査では利益を上げられないため、お客様に、商標出願をしてもらうことを強く望むようになってしまいます。

このことが、商標調査に反映されてしまうため、どうしても、こういった特許事務所では、登録可能性を高く見積もった、つまり、お客様に出願を勧めるような、客観性を欠く商標調査の報告がされてしまう傾向にあります。

こういった精度の低い商標調査を受けることで、最も損をしてしまうのは、お客様自身です。

商標の審査は、1年以上掛かってしまうことも決して珍しくはありません。

もし、商標調査を信頼して商標出願をしたのに、1年後に商標登録を受けられない、ということになってしまうと、商標登録ができなかったという理由で、お客様のブランド名や商品ネーミングを変更しなくてはならない事態も生じ得ます。

この場合のダメージは図り知ることができません。

こういった現状も考慮し、当特許事務所は、商標調査を無料とはしていません。

以上のようなことから、当特許事務所では、これからも、信頼性と精度の高い商標調査を、お客様に提供するため、適正な費用をお客様に請求させて頂くつもりでおります。

ご理解の程、何卒、よろしくお願い申し上げます。

無料相談受付中

お問い合わせ 0120-363-581(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ