商標出願の費用

<基本料金>(商品・役務の区分の数1)

内訳 支払合計額 うち弁理士報酬額 うち特許印紙代
商標出願時 62,000円 50,000円 12,000円
登録査定時 75,600円 38,000円 37,600円
出願から登録までの総額 137,600円 88,000円 49,600円

(備考)

  1. 特許庁での審査において、拒絶理由等が通知され、これに対応する場合には、その対応手続として、上記基本料金の他に、別途、各手続につき、40,000円~80,000円程度の費用を請求させて頂くことがあります。
  2. 登録査定時(出願から通常5ヶ月~7ヶ月後)の費用は、登録査定送達の御報告とともに請求させて頂きます。
  3. 登録後、次回の更新期限の管理は無料で行います。従いまして、登録後は、次回の更新時(1O年後)まで、上記以外の費用は発生いたしません。

商標出願の仮申し込み

<商品・役務の区分の数が複数の場合の料金>

商品・役務の区分の数が複数ある場合の料金は、次の通りです。
なお、商品・役務の区分については、こちらをご覧下さい。

区分の数が2の場合

内訳 支払合計額 うち弁理士報酬額 うち特許印紙代
商標出願時 100,600円 80,000円 20,600円
登録査定時 133,200円 58,000円 75,200円
出願から登録までの総額 233,800円 138,000円 95,800円

区分の数が3の場合

内訳 支払合計額 うち弁理士報酬額 うち特許印紙代
商標出願時 139,200円 110,000円 29,200円
登録査定時 190,800円 78,000円 112,800円
出願から登録までの総額 330,000円 188,000円 142,000円

商標出願の仮申し込み

お見積もりをご希望の方は、下記フリーダイヤルまで、または、メールでお気軽にご連絡ください。 なお、お見積もりは無料です。

「商品・役務の区分」について

「商品・役務の区分」とは、商品や役務(「サービス」のことです)を、45の類に分けたものです。商標出願をする際は、その商標を使用しようとする商品や役務を、この45の類のいずれかに分けて、指定して出願する必要があります。
また、「商品・役務の区分の数」とは、このようにして分けた類の数をいいます。
ちなみに、商品や役務の数が多いからといって、区分の数が増えるわけでもなく、また、少ないからといって、区分の数が減るわけでもありません。
例えば、指定する商品が「ぎょうざ,サンドイッチ,しゅうまい,すし,たこ焼き,肉まんじゅう,ハンバーガー,ピザ,べんとう,ホットドッグ」と多数あっても、これらの商品はすべて第30類に分類されますので、区分の数は「1」となります。
一方、指定する商品が「菓子、清涼飲料」の二つだけであっても、「菓子」は第30類、「清涼飲料」は第32類に分類されますので、区分の数は「2」となります。
なお、詳しくは、こちらの全45分類の内訳をご覧下さい。

商標出願サービスの内容

  1. 商標出願の費用
  2. 出願から登録までの手続の流れ

無料相談受付中

お問い合わせ 0120-363-581(平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ